PCR検査を受けました

未分類PCR検査,新型コロナウィルス

先日、かかりつけの病院でPCR検査を受けました。


花粉症持ちの大阪人よっしー、春はスギ花粉とヒノキ花粉の花粉症があり、スギ花粉は目と鼻、ヒノキ花粉は喉(咳)というのがパターンとなっています。

今年も例年と同じ様にスギ花粉に続いてヒノキ花粉がやってきて咳をしていました。

大体はヒノキ花粉の飛散が収まると咳も収まるのですが、2,3年に一度の割合で咳だけが残り咳ぜんそくみたいになることがあり、今年も咳が残り4月下旬になっても咳が出ていたので、かかりつけの病院(内科)に行っていつもの咳止めの薬と吸引薬もらって帰ってきたのですが、

よっしー

そういやいま大阪のコロナすごいし、咳だけの症状もあるみたいだしちょっと心配…

と思いはじめ、発熱や味覚異常などの他の症状はないものの気になってその病院に電話で相談したら、

スタッフさん

PCR検査受けてみます?
咳が4日以上続いてるのなら検査受けられますよ

と勧められたのでPCR検査を受けることにしました。

PCR検査は予約が必要ながら全然埋まってないらしく翌日からOKということで3日後に予約しました。


予約当日、病院の入り口から病院に電話すると、1階エレベーターホール横に目隠し用のビニールカーテンがあり、その中に臨時で設置されている小部屋に入って待つように指示されたので、中の椅子に座って待ちます。

ちなみにその小部屋は、1畳ほどで真ん中の仕切りに小窓がある懺悔室みたいなイメージ(笑)

しばらくすると看護師さんがやってきて対面に入り、最初に体温を測ったあとまずは問診。

現在の症状やその他の症状の有無、周りの人に感染者が出たかやここ2週間で外食などをしたかなど一通り答えると、

看護師さん

先生が来ますので待っててくださいね

と看護師さんは帰っていきます。

暫く待つと主治医の先生が来たので綿棒のようなもので両鼻の穴をグリグリグリグリとされ、

先生

はい、終わりでーす

10分くらいで結果が出るとのことで待っていると、10分どころか5分ほどでさきほどの看護師さんがレシートを手にやって来て、

看護師さん

お疲れさまでした。陰性です

ということで無事陰性でした。ここまで来院して30分くらい。

そのあと診察室に入って先生と少し話をしておしまい。

受診料(検査料)も保険適用だったので1300円くらいでした。


自分的には毎度おなじみの症状だったのですが、心の隅にもしかしたら感染してるのかも知らないうちに誰かにうつしてしまったらというのがあったので、ゴールデンウィークに入る前にそれが解消できてよかったです。

これからもマスクに手洗いなど感染対策してコロナを乗り切りましょう。

QR Code

この記事をスマホで読む